京都三条会商店街

祇園祭と又旅社の関係

貞観11年(869年)京の都に疫病がはやり、
神泉苑に当時の国の数の66本の鉾を立て
祇園社より神輿を迎えて祈祷を行なったのが
「祇園祭」の始まりです。
又旅社は、広大な神泉苑の南端に当たる、
御霊会が行われた地に設けられた
「斎場」の地に建つ祇園祭発祥の社です。

祇園祭関係の祭事(又旅社にて)

7月23日   オハケ清祓い式(きよはらい)
オハケとは、水辺を表す芝生に神の依り代でる
御幣を建てた物(池のほとりに見立てた斎場

7月24日   祇園祭(還幸祭)又旅社「奉饌祭」

7月25日  千団子 お授け
「奉饌祭」にお供えした、無病息災を祈願した
団子を地域の方に振る舞います

又旅社祭事

4月第三日曜日 春季祭並蘇民将来祈願祭
10月第三日曜日 秋季祭並神恩感謝祭
いずれも、限定の「木札守」が配られます
町名の「御供町」は、祇園祭の際にお供えを奉じる
事が由縁で出来た町名です